ひんやりスイーツ特集

ひんやりスイーツ特集!! 牧場ソフト、果樹園ジェラート、パルフェ

ひんやりスイーツ特集!! 牧場ソフト、果樹園ジェラート、パルフェ

アイスが美味しい夏本番直前!EPARKのアイスクリーム、ジェラート、かき氷などの冷たいスイーツの名店をご紹介♪

アイスクリーム・パフェ

ジェラート・かき氷

アイスケーキ・その他

アイスは何個まで太らない?

正解:アイスクリームは、1日1個まで。

アイスクリームは、1日1個まで。100g以下、200kcalまでを目安に摂取することをおススメします。

■カロリー表(100gあたり)

下記カロリーを参考に、量やトッピングを調節して食べることが重要です。

  • アイスクリーム(高脂肪、乳脂肪12%)……212kcal
  • アイスミルク(乳脂肪6.4%)……167kcal
  • ラクトアイス(普通脂肪、13.6%)……224kcal
  • ソフトクリーム(乳脂肪5.6%)……146kcal
  • ※○ーゲンダッツのパックのマルチパックは75g200kcal前後
■注意点
  • コーンカップは意外と高カロリー。
  • かき氷の練乳、トッピングの種類によっては高カロリー。
  • 市販のラクトアイスは高カロリー。
  • なるべく空腹時は避ける。
■おすすめアイス
  • 低カロリーはアイスクリーム>アイスミルク>フルーツソルベ、ジェラート。
  • 味の差によるカロリーの大差はないので好きなアイスを選びましょう。
  • ソフトクリームは空気量が多いので安心!

知られざるダイエット効果とは?

アイスクリームを適度に食べるとダイエット効果があると言われています。おやつや朝か昼の置き換えにアイスは如何でしょうか。時間は15時までがよいとされています。

アイスダイエットの効果

■アイスが代謝を高めてくれる

アイスクリームを食べると体温が下がります。そうすると、人間の体は下がった体温を戻そうと、代謝をあげて元の体温にもどそうとします。結果的に基礎代謝が上がって、ダイエットが成功しやすい体質になります。

■最低限の脂肪の摂取

人間の体は、最低でも1日55gの脂肪分が必要です。脂肪分が不足すると、「摂取した栄養分を溜め込む」という悪循環に陥ります。なので、少量で脂質の摂取ができるアイスは、ダイエッターに最適です。

■バニラの香りの食欲抑制

バニラが持つバニリンという成分には肥満を抑制する効果があります。

■栄養バランス

他のスイーツ、低カロリーと言われる和菓子等と比較しても糖質が少ないので、ダイエット中のおやつに最適です。アイスでダイエットした場合、タンパク質、脂質、カリウム、カルシウム、βカロチン、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB12など、栄養素がバランスよく含まれているので、ダイエット後に栄養素を吸収しやすい体にならずに、リバウンドにつながりにくいと言われています。

最後に3食アイスだけ等危険なダイエットをする方がいますが、栄養失調、低体温症などあらゆる危険がありますので、計画的なアイスの摂取を心がけましょう。